データ保管に役立つ外付けhddのトラブル|認識しない時の対処法

メンズ
ネットワーク

大量のデータを安全に保管

オンラインストレージは、サービス事業者の提供するサーバー内にデータファイルの保管を委託できるサービスです。インターネットに接続できる環境さえあれば、パスワードを使っていつでもどこからでもデータにアクセスすることが可能です。

PCの記録容量を増やす

ハードディスク

ケーブルでつなぐだけ

パソコンで文書作成や画像編集などを行っていると、日々新しいデータが作成されます。こうしたデータはパソコン内部のhdd(ハードディスクドライブ)に保管されますが、データの量が増えると収納しきれなくなってしまうことがあります。このような場合は、要らなくなったデータをこまめに消去することで容量を空けることができますが、それでも対処しきれない時は、外部記録メディアにデータを移すことで対処します。外部記録メディアにはさまざまな種類がありますが、現時点で使い勝手とコストパフォーマンスに最も優れているのが、外付けhddです。外付けhddは、パソコン本体とケーブル接続することで使える記録装置です。USBメモリやDVDといった他のメディアに比べると、容量が格段に大きいという特徴があります。

丸ごとバックアップも可能

外付けhddには、据置式とポータブル式の2種類があります。どちらも基本的な構造は同じですが、据置式の方はつなぎっ放しで使うのが一般的です。パソコンの記録容量をそのまま増設するというイメージです。一方のポータブル式はサイズが小さく、独立した電源も必要としないため、USBメモリ等と同じ感覚で抜き差ししながら使えます。容量当たりの単価で言えば据置式の方が割安です。外付けhddはパソコン本体の容量不足を解消するだけでなく、故障時に備えたバックアップ用としても利用できます。最新の外付けhddは容量が数テラバイトのものが珍しくなく、パソコン本体の内臓hddに収納されているデータをそっくり複製・保存することも可能です。しかし、稀にトラブルが起こることもあります。それは、接続しても認識しないというトラブルです。認識されないという状態になれば、とても困る状況になってしまうので説明書を読んで対応したり、対応出来ない場合は専門の業者に相談したりして外付けhddを認識できるようにしてみて下さい。

ファイル

ITを使った便利なもの

パソコンが普及した現在、多くの企業がファイルやデータをパソコンで管理しています。その為、ファイル送信やデータ送信を行う場合、ネット上のサービスを活用して転送しています。主にウェブメールとクラウドサービスに分けることができどちらにも利点があります。

社内

重要なデータを復旧

最近では、様々な会社が業界に関係なくデータを扱っています。個人で使っているパソコンでも、在宅ワークなどで多くのデータを扱っていることがあるでしょう。しかしデータにアクセスできない場合には、専門の業者にデータ復旧を依頼しましょう。