データ保管に役立つ外付けhddのトラブル|認識しない時の対処法

ウーマン

大量のデータを安全に保管

ネットワーク

もう外付けHDDは不要

現在、ビジネスの世界ではクラウド型と呼ばれるサービスが人気を呼んでいます。これはさまざまなアプリケーションを個々の端末にインストールする必要なく、インターネットに接続するだけで使用できるという便利なサービスです。このクラウド型サービスは進化を続けており、最近はデータファイルまでそっくりネットワーク内に預けることもできるようになっています。これをオンラインストレージといいます。オンラインストレージは、業務に必要な各種のデータをオフィスのパソコンや外部記録メディアではなく、サービス事業者のサーバーに保管してもらえるサービスです。ネット環境があれば端末を問わずにデータの読み出しや更新ができるため、利便性の高さから人気を呼んでいます。

組織での情報共有も容易に

オンラインストレージには無料のサービスと有料のサービスがあります。違いはいろいろありますが、最も大きいのは容量です。有料サービスの中には収納できるデータの量が数テラバイトというのが珍しくなく、中には容量無制限というところもあります。今までいくつもの外付けHDDやDVD-Rなどに小分けしていたデータも、一括して収録・管理できるようになります。オンラインストレージは事業者からパスワードの発行を受けて使用するため、機密情報がもれてしまうようなことはありません。ただ、このパスワードは共有することも可能です。これを上手に活用すれば、たとえば組織内の特定のセクションや階層ごとに情報を共有するといった使い方もできます。